マラソンの性機能障害注意事項は、すぐに水を飲んではありません

的に体を鍛えることには酸素運動があります.長距離は運動量が大きい運動だから、長距離は走ることができない.マラソンも注意事項があります.そんなに長距離は注意事項がありますか.早く来てよ.

Pは長距離で注意事項

には注意事項

の注意事項

に注意してp1、走った前に簡単にウォーミングアップすること

腕試し運動に慣れない人がいるから、ジョギング前に足のウォーミングアップと緩和運動をしてください.走ることによって、膝関節の圧力が大きいため、膝関節のウォーミングアップを強化します.

2、走ったら数百メートルを歩いて<ばならp>p長距離長の人はすぐに乗って休む人がいる.週間の監督は注意して、すぐに休みを止めないでください.ジョギング後、人体上下とも得活動は、体の各部位をゆっくりと走り終わった後にリラックスしてしまい、提案を歩いて数百メートル、全身を徹底的にリラックスした後に、更にいくつかの腰、腹、足,腕の活動.

1、3、長距離は4歩1呼吸

に最高ですは、酸素代謝運動、人体各大器官の循環、特に呼吸システム.走る過程で、人体は酸素の需要量は絶えず増加して、一般的な情況の下で、4歩1呼吸は適当で、できるだけずっとこのリズムを維持します.呼吸方式で,性機能障害、鼻と鼻と口で混合して良い.

p長距離の開始時、酸素供給が筋肉の活動に立ち後れているため、足が瀋,息苦しく、ぜんそくなど、特によく鍛える人は強く、これは正常では正常だと感じます.感じることができれば、すぐに殘、歩いて数百メートル、特に調子が悪くて、長距離を停止しなければなりません.

4、走った後すぐに温度を下げることはできませんちょっと暑いから上着を脱いではいけないから
レビトラ 体験談.このときあなたは出たばかりの汗が大きく、風が吹くと、冷えやすい、風邪を引くジョギングする過程の中にの呼吸は必ずうまく調整し、一般的で口と鼻を同時に呼吸を採用し、三歩一吸あるいは二歩一吸.呼吸が不安定になり、気管になりやすい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です