代替治療療法と補助性機能障害療法はどれら痛み止めますか?

いろいろ痛み止め療法は多種多様、いったい何が最良の?

答えは、『ヤマナデ』の方法の臨床経験豊富なマッカイ病院痛みコリン嘉祥医師によると、どんなに使用のどの1種の治療、病状を改善するしかない、体の機能が正常に近いが、不可能100 %元の状態.

双と病院林乾ミン医師の例を挙げて、多くの年配の方の関節退化痛みが治療を繰り返し、今回、次の炎症を痛めて、毎回の炎症は退化度、これは自然老化、医師の保養を遅らせるだけ、退化、根治できない.

痛みは治療薬の使用、手術を行って、一般的な:神経遮断術、経皮電気刺激、熱の週波数、チップインプラント治療を採用し、テープ剤、あるいはリハビリ療法,性機能障害、物理治療や生理フィードバックなど、有酸素運動も痛みを下げることができて.また、マッサージ、リラックストレーニングも、痛みを緩和してみます.

林嘉祥医師は注意して、治療の痛みも考え個人の経済状況に合っているかどうか、治療方法経済効果.例えばウエハ着床は非常に高価な手術で、健は給付、使用年数があり、永遠に有効には保証できない.

神経遮断術を

神経遮断術

これは介於薬や手術の間の选択に対して、注射部位の痛みで局所麻酔薬方式は鈍化神経繊維伝導、長所は血流促進を加速し、末梢神経循環を改善しないで、しかし本当に病人麻痺.

神経遮断術に適用、坐骨神経痛、腰痛の神経圧迫痛、腕トンネル症候群などの.一般経口鎮痛薬は20~30分経過しなければ作用、神経遮断術5分で痛み止めます
レビトラの副作用.しかし、神経は遮断してすべての痛みを治療して、例えば三叉神経痛、頭痛.

物理治療を

物理治療をして

多くの健科、1つの比較的ゆっくりの治療方式で、例えば骨盤と頸椎は牽引して、骨と骨の間の距離を引き離して、椎間板の圧力を下げる.

普通科受診までリハビリの患者の手術は通常たくないが、多くの患者は根気がない、1つの治療のコースは少なくともじゅうに度(に~よんしよ週)、毎回治療じゅうご~にじゅう分、医者に体重換算牽引のキロ数で,ふつう7分の1~2分の1の順序を増加重量.このように、1~2年以内には,通常の2年以内には.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です