よく茹でる頭であなたの性機能障害脳を蚕食して

お腹が痛いです.、湯たんぽで敷しばらく;寝違えて首、温湿布……茹でるはすでに家庭常用の補助治療手段になります.中国の漢方医の科学院老年病センター主任李跃华教授によると、多くのメリットを得て温湿布.

老人のある病気.例えば眼病、耳、頭部の病気、温湿布効果が比較的に良い.気温は50℃程度の熱湯で濡れ、ワセリン、ワセリン、ワセリン、またはワセリン、タオルなどを使用します.

女は保健品を食べる必要があります

    ?· ;棚卸し冬健康のキラー
    手足が冷たい悪の根源には

      ?·普通石鹸は防甲流優先

      乾熱敷法、常用湯たんぽ.熱湯袋入れ1/2~2~3の熱湯で、その中の空気を排出し、プラグ、布やタオルなどを入れて、茹でるの部位を必要とする部位.しかし、乾法の力を貫くより蒸し暑い法.

      p茹でる耳、聴力を改善する.先に熱いタオルを使って、耳にしながら、数分後に交換し、交互に5回繰り返し繰り返し、毎日2回.

      茹でる小脳、めまいがして.熱いタオルを、額にはご分、毎日2回、健やかな脳の作用を果たすことができる、さが老人ありふれためまい、高血圧などの予防と治療の効果.頭痛の老人はおでこ、こめかみ、首など位置、毎日3—5回20—30分.
      勃起不全

      p茹でる目、疲れを緩和する.目を閉じて、熱いタオルを目につけ、呼吸を自然に保つ、リラックスして気持ちをリラックスさせます.お湯には常にお湯を入れ、十分な温度を保つことが必要です.かおる茹でる法も、目の目にも適用されます.40℃前後の熱湯で杯内、目を閉じ、目の口に目を湊ている.お湯を入れて桑の葉に、菊、スイカズラなどを下げて消炎の薬草、熱を下げて明目の役割.

      でも、老人にはお似合いのお年寄りではありません.李跃华紹介、顔面の危ない三角区に感染して、様々な臓器の出血、軟部組織挫傷、ねじって」