性機能障害について

ED勃起障害とは、性交する際で突然が勃起しない、挿入したのに中折れでした、あるいは勃起を持続できない状態を指します。

勃起障害の原因は陰茎への血流が減少して、陰茎に繋がる神経の損傷、内分泌疾患、精神的な問題などを起こす障害です。多くの男性が性欲低下の悩みを持ちます。一体どうしたらこれを直しますか。ずっと考えていますから。市販の内服薬や陰茎に挿入または注射する薬などの治療方法があります。勃起補助具や陰圧式補助具を使用したり、心理療法を実施したりすることもあります。

男性は1~2回勃起できないことがたまにありますが、これは正常なことです。ED勃起(ぼっき)障害は、勃起できない状態が頻繁に起こる、あるいは持続の時間がとても短い場合をいいます。ED勃起障害は軽度があり、重度もあります。軽度のED勃起障害では、1~2回たまに勃起ができないことです。大抵は挿入する時勃起に達しないです。重度のED勃起障害では、勃起することはまれです。皆に承知しますが、ED勃起障害は年を重ねると勃起が少なくなります。65歳男性の約半数う、80歳男性の約4分の3はED勃起障害があります。

ED勃起障害の原因
勃起がうまくいくには、陰茎に十分な量の血液が流れこみます。勃起障害は陰茎から血液が流出する速度が遅くなり、さらに陰茎に出入りする神経が正常に働くことができません。

動脈が狭窄して血流量が減少する障害や、血管に影響する手術が原因でED勃起障害が起こることがあります。また、陰茎の静脈に異常があると血液がすぐに戻ってしまい、血液の流入量が十分でも勃起を持続できないことがあります。

陰茎とつながっている神経が損傷すると、ED勃起障害が起こります。他にも脳卒中、喫煙、アルコール摂取、薬などの不正飲み方などの原因でED勃起不全が起こることがあります。特に高齢者でED勃起障害を起こしやすい薬には、降圧薬、抗うつ薬、ある種の鎮静薬、シメチジン、ジゴキシン、いくつかの利尿薬、抗精神病薬、違法薬物などがあります。

時にはホルモンの乱れがED勃起障害の原因になります。また、病気、疲労、ストレスなどの要因で活力が失われたときにも、勃起が困難になります。

つまり年をとっておくとED勃起不全になる可能性が高いです。われわれは必要的なED治療薬を利用したり、運動で身体を鍛えたり、体を大事にするのが一番重要です。